Jul 30, 2015

論文一覧

現在は教育支援システム関係で模索中….


投稿論文・講演論文(査読付)

  • T. Sekiya, Y. Matsuda, and K. Yamaguchi. Curriculum Analysis of CS Departments Based on CS2013 by Simplified, Supervised LDA. LAK’15, Proceedings of the Fifth International Conference on Learning Analytics And Knowledge, pp. 330-339, NY, USA, 2015.
  • T. Sekiya, Y. Matsuda, and K. Yamaguchi. Mapping Analysis of CS2013 by Supervised LDA and Isomap. TALE 2014, IEEE International Conference on Teaching, Assessment and Learning, pp. 33-40, Wellington, NEW ZEALAND, 2014.
  • T. Sekiya and K. Yamaguchi. Tracing Quiz Set to Identify Novices' Programming Misconceptions. Koli Calling '13, Proceedings of the 13th Koli Calling International Conference on Computing Education Research, pp. 87-95, Koli, FINLAND, 2013. (ACM DIGITAL LIBRARY)
  • 関谷 貴之, 松田 源立, 山口 和紀. 情報系学科のカリキュラムの比較. 情報教育シンポジウム SSS2013, pp. 33 - 40, 2013.
  • 関谷 貴之, 松田 源立, 山口 和紀. LDA と Isomap を用いた 計算機科学関連カリキュラムの分析. 情報処理学会論文誌(ジャーナル), Vol.54, No.1, pp. 423-434, 2013.
  • 関谷 貴之, 山口 和紀, 山本 三雄. 初学者によるプログラムトレーシングにおける誤答に関する分析. 情報教育シンポジウム SSS2012, pp. 113 - 120, 2012.
  • M. Yamamoto, T. Sekiya, and K. Yamaguchi. Skill Hierarchy Revised by SEM and Additional Skills. ITHET 2012, 11th International Conference on Information Technology Based Higer Education and Training, Istanbul, TURKEY, 2012.
  • 関谷 貴之, 山口 和紀. カリキュラム標準 J07-CS と CC2001CS の比較に関する報告. 情報教育シンポジウム SSS2011, pp. 3 - 10, 2011.
  • M. Yamamoto, T. Sekiya, and K. Yamaguchi. Relationship between Programming Concepts Underlying Programming Skills. ITHET 2011, 10th International Conference on Information Technology Based Higer Education and Training, Kusadasi, TURKEY, 2011.
  • T. Sekiya, Y. Matsuda, and K. Yamaguchi. Analysis of Computer Science Related Curriculum on LDA and Isomap. ITiCSE 2010, the 15th Annual Conference on Innovation and Technology in Computer Science Education, pp. 48-52, Bilkent, Ankara, Turkey, 2010.
  • T. Sekiya, Y. Matsuda, and K. Yamaguchi. Development of a curriculum analysis tool. ITHET 2010, 9th International Conference on Information Technology Based Higer Education and Training, pp. 413-418, Cappadocia, TURKEY, 2010.
  • 山本 三雄, 関谷 貴之, 山口 和紀. 情報教育における理論と技術に関する研究の調査. 情報処理学会論文誌(ジャーナル), Vol.50, No.10, pp. 2449 - 2461, 2009.
  • T. Sekiya, Y. Matsuda, and K. Yamaguchi. Analysis of Curriculum Structure Based on LDA, ICEIT'09, International Conference on Education and Information Technology, pp.561-566, 2009.(PDF 416KB)
  • T. Sekiya, Y. Matsuda, and K. Yamaguchi. Systematization of Course Syllabi Based on LDA, SCIS & ISIS2008, Joint 4th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 9th International Symposium on advanced Intelligent Systems, pp. 166 - 171, 2008.
  • 関谷 貴之, 安東 孝二, 尾上 能之, 田中 哲朗, 山口 和紀. NetBoot による端末を用いた教育用計算機システムの開発と評価. 情報処理学会論文誌(ジャーナル), Vol.48, No.4, pp. 1651 - 1664, 2007.
  • 関谷 貴之, 佐藤 孝明, 寺脇 由紀, 尾上 能之, 山口 和紀. 学習管理システムCFIVEの継続的な開発と運用の評価. 情報教育シンポジウム SSS2006, pp. 339 - 346, 2006. (PDF 1.3MB ※1).
  • T. Sekiya and K. Yamaguchi. Case Study of Information Systems Cooperation Centered in Open Source LMS, CFIVE, FOSLET 2006, Proceedings of Workshop on Free and Open Source Learning Environments and Tools, pp. 21-28, Como, Italy, 2006. (PDF 1.3MB)
  • 関谷 貴之, 山口 和紀. 講義データべース - オントロジーを用いた要求知識と習得知識の記述による講義情報の構造化 -, 知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌), Vol.17, No.5, pp. 22 - 32, 2005.
  • 関谷 貴之, 寺脇 由紀, 尾上 能之, 山口 和紀. オープンソース学習支援システムCFIVEの開発と運用. メディア教育研究, 第1巻, 第2号, pp 73 - 81, 2005.
  • 関谷 貴之, 寺脇 由紀, 尾上 能之, 山口 和紀. 学習管理システムCFIVEの開発と運用. 第9回 分散システム/インターネット運用技術シンポジウム - 再考 ネットワークの運用・管理とセキュリティ -, pp. 81 - 86, 2004. (PDF 456KB ※1)
  • 関谷 貴之, 寺脇 由紀, 尾上 能之, 山口 和紀. 学習管理システムの開発と運用. 情報教育シンポジウム SSS2004, pp. 141 - 144, 2004. (PDF 223KB ※1)
  • T.Sekiya and K.Yamaguchi. Knowledge Systematization of Online Syllabus and Curriculum Design, ITHET 2003, 4th International Conference on Information Technology Based Higer Education and Training, pp. 343-347, Marrakech, Morocco, 2003. (PDF 211KB)

講演論文

  • 安部 達巳, 下村 健, 妹川 竜雄, 関谷 貴之, 丸山 一貴. 運用の省力化のためのシンクライアントシステム管理ツールの導入と評価, 情報処理学会研究報告 2009-IOT-004, pp. 79-84, 2009.
  • 関谷 貴之, 山口 和紀. 講義同士の関係構造分析のためのシラバス処理方法の一検討. 情報処理学会第70回全国大会講演論文集(分冊4), pp. 495-496, 2008.
  • 関谷 貴之. 電子メールを基盤とした知識ベースによる業務支援. 平成19年度情報処理教育研究集会, 2007.
  • 関谷 貴之. 学内の情報システム間での認証情報の連携. 平成17年度情報処理教育研究集会, 2005. (PDF 882KB)
  • 関谷 貴之, 尾上 能之, 山口 和紀, 岩堀 祐之, 中西 通雄, 藤井 康雄. 情報処理教育用シミュレータの開発, 情報処理学会研究報告「コンピュータと教育」, 2004-CE-073, pp. 9-16, 2004. (PDF 1.6MB ※1)
  • 関谷 貴之, 安東 孝二, 中山 仁史, 前田 光教, 吉田 進, 吉野 宏一. ディスクレスWindows端末起動時の所要時間の評価. 情報処理学会研究報告「分散システム/インターネット運用技術」, 2003-DSM-038, pp. 25-30, 2003

その他

  • T.Sekiya and K.Yamaguchi. Ontology and Context Based Repository of Learning Materials, Poster Session, CAL'07 DEVELOPMENT, DISRUPTION & DEBATE - D3, Dublin, Ireland, 2007
  • 大和 裕幸, 鈴木 宏正, 安藤 英幸, 関谷 貴之. 動機付けプロジェクトWebアプリケーション, 機械学会2002年度年次大会「創成型教育科目の展開」ポスターセッション資料集, pp. 29-30, 2002.

学生時代は精密機械工学専攻冨山研究室(1997年より人工物工学研究センター)に所属し、設計学や知識集約型工学を実現するツールの開発を行ってきました。以下は当時の文献リストです。

投稿論文・講演論文(査読付)

  • Masaharu Yoshioka, Takayuki Sekiya, and Tetsuo Tomiyama: An Integrated Design Object Modelling Environment -Pluggable Metamodel Mechanism-. Turkish Journal of Electrical Engineering & Computer, Vol. 9, No. 1, pp. 43-62, 2001.
  • 関谷貴之, 吉岡真治, 冨山哲男. オントロジーを用いた統合的設計支援環境の実現. 人工知能学会誌, Vol. 14, No. 6, pp. 1051-1060, 1999.
  • T. Sekiya, A. Tsumaya, and T. Tomiyama. Classification of knowledge for generating engineering models -a case study of model generation in finite element analysis-. In S. Finger, T. Tomiyama, and M. Mantyla, editors, Knowledge Intensive Engineering Computer Aided Design, pp. 73-90. Kluwer Academic Publishers, Dordrecht, The Netherlands, 1999.
  • M. Yoshioka, T. Sekiya, and T. Tomiyama. Knowledge collection by modeling. In Gianni Jacucci, Gustav J. Olling, Kenneth Preiss, and Michael Wozny, editors, GLOBALIZATION OF MANUFACTURING IN THE DIGITAL COMMUNICATIONS ERA OF THE 21ST CENTURY Innovation, Agility and the Virtual Enterprise, pp. 287-298. Kluwer Academic Publishers, Ont.,Canada, 1998.
  • T. Sekiya and T. Tomiyama. Case studies of ontology for the knowledge intensive engineering framework. In S. Finger M. Mantyla and T. Tomiyama, editors, Knowledge Intensive CAD Volume 2, Proceedings of the Second IFIP WG 5.2 Workshop on Knowledge Intensive CAD, pp. 161-175, 1996.
  • M.Ishii, T.Sekiya, and T.Tomiyama. A very large-scale knowledge base for the knowledge intensive engineering framework. In N.J.I. Mars, editor, KB&KS'95, the Second International Conference on Building and Sharing of Very Large-Scale Knowledge Bases, pp. 123-131, Amsterdam, Oxford, Tokyo, Washington, DC, 1995. IOS Press, Ohmsha.

講演論文

  • 関谷貴之, 冨山哲男. 解析モデリングにおけるシンセシス過程としてのモデル構築支援. 日本機械学会第9回設計工学・システム部門講演会講演論文集, 1999.
  • 関谷貴之, 冨山哲男. 設計における解析作業の支援方法. 1999年度人工知能学会全国大会(第13回)論文集, pp. 154-156, 1999.
  • 関谷貴之, 妻屋彰, 冨山哲男. 設計における解析のためのモデリング支援. 第17回設計シンポジウム講演論文集, 1999.
  • 関谷貴之, 妻屋彰, 冨山哲男. 知識集約型のエンジニアリング環境の構築(第8報) --典型例に基づくモデリング知識ベースの構造化--. 1999年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, p.19, 1999.
  • 関谷貴之, 妻屋彰, 冨山哲男. 知識集約型のエンジニアリング環境の構築(第7報) --モデリング知識ベースの効率的な利用--. 1999年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, p. 280, 1999.
  • 関谷貴之, 妻屋彰, 冨山哲男. オントロジーに注目した解析ツールの統合に関する研究. 日本機械学会第8回設計工学・システム部門講演会講演論文集, pp. 142-144, 1998.
  • 関谷貴之, 妻屋彰, 冨山哲男. 知識集約型のエンジニアリング環境の構築(第6報) --モデリングに必要なオントロジー--. 1998年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, p. 235, 1998.
  • 関谷貴之, 冨山哲男. 設計におけるモデル生成知識に関する研究. 日本機械学会第7回設計工学・システム部門講演会講演論文集, pp. 109-110, 1997.
  • 野間口大, 関谷貴之, 梅田靖, 冨山哲男. 設計文書化システムの展開. 1997年度精密工学会秋季大会講演論文集, p. 124, 1997.
  • 関谷貴之, 冨山哲男. 知識集約型のエンジニアリング環境の構築(第5報) -フィーチャーを用いたモデル生成知識の表現-. 1997年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, p. 125, 1997.
  • 関谷貴之, 冨山哲男. 知識集約型のエンジニアリング環境の構築(第4報) --モデル生成知識の定式化--. 1997年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 887-888, 1997.
  • 関谷貴之, 冨山哲男. 知識集約型のエンジニアリング環境の構築(第3報) --物理概念の階層構造の性質--. 1996年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 541-542, 1996.
  • 古川浩保, 関谷貴之, 石井理貴, 冨山哲男. 概念設計のための物理推論(第8報) --ポンチ絵的表現と空間推論--. pp. 11-12, 1995.
  • 関谷貴之, 石井理貴, 冨山哲男. 知識集約型のエンジニアリング環境の構築(第2報) --知識ベースの構成の提案--. 1995年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 11-12, 1995.
  • 石井理貴, 吉岡真治, 関谷貴之, 冨山哲男. 知識集約型のエンジニアリング環境の構築(第1報) --基本構成--. 1995年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 9-10, 1995.
  • 関谷貴之, 石井理貴, 冨山哲男. 工学知識ベース汎用性向上の基礎研究. 1995年度人工知能学会全国大会(第9回)論文集, pp. 407-410, 1995.

※1本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します.本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです.ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします.尚,各ファイルは情報処理学会に投稿した最終原稿ですが,論文集に掲載されたものとは異なり,ページ番号等はありません.

Permanent Link | Posted at 17:36